【精力回復とレバーの関係】疲れすぎてちんこが勃たない時に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レバーで精力回復

精力や活力をつけるには肉だ!レバーだ!という方も多いのではないでしょうか?

確かに、肉を食べると元気になるような気がします。

これは「本当に元気になっているのか、それとも元気になった気がしているだけなのか?」人によって意見は異なるでしょうが、とにかく肉をたらふく食べたあとは、元気が出るのは間違いのない事実です。

肉を中心にした欧米型の食事はあまり健康的ではなく、どちらかというと魚を中心とした和食のほうが体にいい食事だと言われています。

これは確かなのですが、やっぱり人間は肉を食べないと元気が出ないものです。

毎日肉や脂っこいものばかり食べていると体によくありませんが、疲れたときなど、ガッツリ肉を食べるのは疲労回復や精力増強に役立ちます

ちょっと前まで、高齢者は肉を食べてはいけないと言われていました。

魚を中心にした食事にしないと、長生きできないとずっと言われてきたのです。

しかし、現実に100歳近い高齢者の食生活を調べてみると、多くの人が毎日のように肉を食べていることがわかっています。このように、やっぱり肉は必要なのです。

食べ過ぎはいけないのですが、肉を適量摂取することは健康につながります。というわけで、肉をたっぷり食べて勃起力をアップする方法を考えてみましょう!

 

 

牛・豚・鶏・馬・レバーで男性力を大幅アップ

レバー

牛・豚・鶏・馬・レバーなどを食べると活力がアップします。レバーは牛でも豚や鶏でもかまいません。

とにかく、これらの食材を多く摂ることで、活力をつけましょう!

半額を狙えばコスパも最強の栄養分

肉を食べると精力がつくといっても、毎日肉を買うとなるとお金もかかります。そこで狙い目なのが、スーパーの半額セールです!

半額セールの日には新聞にチラシが入りますから、こまめにチェックして安いときに買いだめするのもアリです。肉は冷凍しても大丈夫なので、多めに買ったら冷凍庫にしまっておきましょう。

ところで、スーパーの半額セールで売られるのは、古い肉だと思っていませんか?

実はそうではないのです。ただし、夕方に行われる半額セールは、いわゆる「売れ残り」ですから賞味期限切れが近づいています。

しかし、チラシなどに入っている半額セールの肉は、実は肉売り場のショーケースで、一緒に並んでいる正規の値段の肉とまったく同じ仕入れなのです。

つまり、前日仕入れた肉の中から、半額セール用と正規の値段で売る肉に分けているだけなのです。これは、半額セールでお客さんを呼び込もうとするスーパーの戦略です。

このように、朝から売られている半額セール品は古い肉ではないので、安心して買ってくださいね。

ちなみに、スーパーのチラシは新聞を取っていなくても、ネットで見れるのでスーパーのホームページをこまめにチェックしておくといいでしょう。

精力回復にも貧血予防にも役立つ

肉を食べると精力がつくと言う人が多いようです。それはやはり、肉に動物性タンパク質が多く含まれるからでしょう。

人間の体を維持するには蛋白質が欠かせないので、常に食事から摂取する必要があります。

食事から摂取した蛋白質は体の中で分解され、アミノ酸になって体に必要な蛋白質に再結成されます。

この蛋白質は人間の体になくてはならないものですが、肉には蛋白質意外にも貧血予防に役立つ成分が含まれています。では、貧血予防に役立つ成分とはどんなものでしょうか。

貧血の原因はいくつかありますが、特に多いのが、血液中のヘモグロビンを生成するために必要な鉄分が不足する鉄欠乏性貧血です。

鉄分を多く摂るには、豚肉やレバーを食べるのが効果的です。貧血は女性に多くみられる症状ですが、男性にもあります。

もし男性が中高年になって貧血になると、胃癌や大腸癌などの可能性が高いので十分注意が必要です。

このため、中高年の男性が貧血になったら、必ず病院で診察を受けることをおすすめします。

味さえなんとかできれば毎日食べれるはず

コスパ

料理は何でもそうですが、毎日似たようなものばかり食べていると飽きてしまいます。

そこで、毎日肉を食べるためには、料理のレパートリーを増やす必要があります。

料理のレパートリーを増やすには、料理本を買ってもいいのですが、そこまでしなくても、ネットで料理のレシピを見ることができるので、簡単にできる料理をいくつか覚えるだけでも、飽きずに食べることができます。

それでも飽きてくるようだったら、何のために肉を食べているのかをしっかり考えるようにしましょう。

単に栄養バランスを考えて肉を食べているわけではなく、肉が好きだから食べているわけでもありません。

ここで肉を食べようとしているのは、勃起力をアップさせるという目標があるからです。

その目標を達成するための手段として肉を食べるわけですから、そのことをしっかり認識すれば、飽きるから嫌だといった考えは出てこなくなるはずです。

牛レバーのおすすめ調理方法5選

レバーは鉄分をはじめ、多くの栄養素を含んだ食材です。レバーを食べるとスタミナがつくと言って、好んで食べる人も少なくありません。

ただし、レバーには独特の臭みがあるため、おいしく食べるには、まず下処理をしっかりする必要があります。ところで、なぜレバー肝臓に鉄分が多いのでしょうか。

体内の鉄分の約7割は血液中のヘモグロビンの成分として使われています。残りの鉄分は肝臓に貯蔵鉄として蓄えられているため、レバー肝臓に鉄分が多いのです。

だから、レバーを食べることで、多くの鉄分が摂取できるというわけです。

水で洗い、牛乳に浸して、再度洗えば下処理完了

レバーには血がついているので、まず丁寧に水洗いしましょう。ボウルや鍋などの深い容器に水を入れ、その中でレバーを軽くかき混ぜるようにして洗ってください。

2~3回水を変えて洗うとかなり綺麗になります。洗ったらキッチンペーパーで水けを取り、ボウルなどにレバーを入れてひたひたに牛乳を入れてください。

そのまま30分くらい置いておくと、牛乳の成分がレバーの臭みを消してくれます。

次に牛乳を捨てて、もう一度レバーを洗ったら下処理は完了です。

塩レモン・塩コショウなどシンプルな味付けがおすすめ

レバーにはいろんな食べ方がありますが、塩レモンや塩コショウなどでシンプルに味付けしても、おいしく食べられます。

ガスコンロのグリルにアルミホイルを敷いて、その上に塩レモンや塩コショウしたレバーを並べて焼きましょう。

また、何もつけずに焼いて、塩だけで食べてもおいしいですよ。

食べるときはレモンを絞ったり、お好みで七味唐辛子をかけると味が引き立ちます。

レバニラ(にんにく入り)で完全精力増強

レバニラ

レバーを使った料理の定番といえば、やはりレバニラでしょう。

レバニラにはにんにくも使うので、少しレバーの臭みが残っていたとしても、全然気にならなくなります。レバニラはレバーとともにニラやもやしも使います。

ニラやもやしに多く含まれるビタミンCは、鉄分の吸収を助けてくれるので、レバニラの材料を見るとまさに理想的な組み合わせとなっています。

レバニラがスタミナ食と言われるのは、ビタミンB1が含まれていることと関係があるようです。

ビタミンB1は疲労回復効果のある成分で、これが不足すると疲れを感じるようになります。レバニラに入っているニラには、ビタミンB1を活性化する作用があります。

また、ニラにもビタミンB1が豊富に含まれており、この2つが一緒になると、かなりのビタミンB1が摂取されることになります。

そのため、レバニラはスタミナ食と呼ばれるのです。

このほか、レバニラにはもやしや玉ねぎ、ピーマン、ニンジンなどが入ることも多いため、これだけで完全食と言ってもいいくらい、あらゆる栄養素が入っています

レバーを食べるなら、やっぱりレバニラは外せませんね。

牛レバーの生姜焼きも絶品

レバーに塩コショウなどで下味をつけ、おろししょうがを加えて、フライパンに大さじ1杯くらいの油を入れて焼いてください。

レバーは崩れやすいので、裏返すときは注意してください。

レバーの表面に軽く焦げ目がついたら、もう中まで火が通っていますから皿に並べましょう。

ご飯のおかずというより、ビールのおつまみに向いている一品です。

レバーの甘辛ごま絡め

レバーに酒やおろししょうが、おろしにんにくを揉みこんで数分間置いておきましょう。

数分たったら、レバーに片栗粉をまぶして170度の油で揚げてください。

この段階では、まだレバーの中まで完全に火を通す必要はありません。

レバーが揚がったら、フライパンに醤油とみりん、砂糖を加えた調味液を入れて、煮絡めれば出来上がりです。

皿に盛る前に、ごまをかけてアツアツを食べましょう。

醤油と砂糖は、お好みで量を調整して味加減を変えると、飽きずに食べることができます。

一度油で揚げるのでちょっと面倒ですが、手間をかけるだけあって味もひときわおいしいですよ。

牛レバーとアスパラのバター炒め

塩レモンや塩コショウで味付けしたレバーに、アスパラを切ったものを入れてバターで炒めた一品です。

アスパラは事前にゆでておくと火の通りが早くなります。また、アスパラの長さも、お好みで切ってください。

盛り付ける皿によっては、長いままでもかまわないでしょう。ほんのり香るバターの風味が食欲をそそる一品です。

そうそう。火を止める直前に、醤油を少量入れてもいいですよ。

レバーの臭みが気になるようなら、おろししょうがかおろしにんにくを少量入れて炒めてください。

まとめ

疲れて勃起しないときは、肉やレバーを食べるとスタミナがつきます。

しかし、本当にスタミナがついているのか、それともスタミナがついた気がするだけなのかはわかりませんが、とにかく肉やレバーを食べると元気になるのは間違いありません。

本当は、肉を中心とした欧米型の食事よりも、魚が中心の和食のほうが健康にはいいのですが、それでもやっぱり肉も必要です。

現に、100歳近い長寿の人たちの食生活を調べると、毎日のように肉を食べている人がほとんどです。

要するに、人間にとって適量の肉は必要で、食べ過ぎなければいいということなのでしょう。

疲れたときの勃起力アップのためには、適度な量の肉を摂取することが大切ですから、安いときにスーパーで買いだめして、いろんな料理方法を工夫して飽きずに食べるようにしましょう。

そうすれば精力がついて勃起力もアップするのは間違いありません。

ここでは、レバーの下処理からいろんな調理方法のレシピまで紹介しましたが、レバーに限らず肉全般を適量食べることが、スタミナ維持と勃起力アップのためには重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!