短小ペニス/ドリチンでもセックステクだけで女性をイカせる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
短小ドリチンをセックス前に女に見られる男

巨根は昔から男性の永遠の憧れです。

「自分は短小や包茎(ドリチン)でペニスに自信がない…。」

こんな風に短小包茎で悩んでいる方は、

「もっと巨根だったら女性をイカせられるのに…」

「自分のペニスが短小だから女性がイケないのでは?」

などと考えていらっしゃるかもしれません。ペニスの大きさと、女性をイカせられることとは関係があるのでしょうか。

確かに巨根の場合は、膣内を刺激出来る範囲が広いため、女性をイカせやすいものと言えます。この点、巨根は断然有利です。

では短小ペニスやドリチンの場合は、どのようにしたら女性をイカせることが出来るでしょうか?

それは、【知識に基づいたテクニック】です。

もちろん知識だけでは不十分で、経験を重ねる必要もあります。しかし、短小ペニスであっても、努力を重ねることによって、女性をイカせることが出来るようになるのです。

短小包茎(ドリチン)をコンプレックスに感じて落ち込む前に、早速そのテクニックを勉強していきましょう。

 

前戯と愛撫のテクニックは重要

愛撫

男性はよく、セックスは挿入してからが勝負と思いがちですよね。

「前戯や愛撫は膣を濡らすためのものであって、肝心なのは挿入してから」

もしそのように思っているとしたら、女性をイカせるのは難しいのかもしれません。

女性をイカせるために重要なのは、挿入そのものよりも、むしろ前戯と愛撫なのです。

十分な前戯や愛撫があってこそ身体の準備が整い、その準備があることによって膣内でも、快感を得られるようになるのです。

逆に言うと、前戯や愛撫がおざなりなまま挿入をしてしまうと、快感どころか、痛みさえ感じてしまうこととなり、セックスが苦痛なものになってしまう可能性もあるということです。

巨根だからといって無理な挿入をしてしまうようでは、女性をイカせることは出来ません。

反対に短小ペニスの方でも、前戯や愛撫のポイントをしっかりと押さえていくことで、女性を何度でもイカせることが出来るようになります。

前戯をすることには様々な意味があるのですが、女性が前戯により興奮して気分が高まってくることによって、子宮口が下がってくることが大きな理由として挙げられます。

子宮口が下がることによって、女性にとって一番の性感帯である、ポルチオ性感帯の位置が下がります。

ポルチオ性感帯は、普段は短小ペニスでは突くことの出来ない奥の方にありますが、前戯のおかげで、ペニスでどうにか突くことが出来るくらいの位置にまで下がるのです。

前戯により子宮口が下がる理由についてははっきりとしていないのですが、妊娠しやすくするためのものではないかと言われています。

生理前にも子宮口が下がるのは、このためでしょう。生理前の方が感じやすい女性が多いのも、この影響だと考えられます。

前戯では、女性の乳房を揉むことも多いと思いますが、乳房はほとんどが脂肪で出来ているため、あまり性感帯としての役割はありません。

しかし乳房を揉むことで、女性は男性からの愛情を感じることが多く、興奮が高まるため、前戯として適しています。

挿入を焦らしつつ同時にクリトリスを攻める

クリトリス攻め

女性がイキやすくするためには、挿入前の攻め方が大事です。

まずは首筋にキスをしたり、服の上からそっと胸を触ったりすることで、女性側の期待感を高めます。

女性は想像力が豊かですから、シチュエーションの工夫なども効果的です。この後の快感を想像することで興奮は高まり、身体が受け入れの準備を始めます。

ところで、女性をイカせるための攻め方には順番があります。

クリトリス→大陰唇→小陰唇→Gスポット→ポルチオ性感帯

この順番に攻めて行くと、女性はスムーズに快感が積み重なり、イけるようになるのです。
反対に順番を間違えると、身体の準備が追い付かず「痛い」などの反応になってしまいますので、注意が必要です。

挿入の期待を持たせながらも焦らして、クリトリスから順番に攻めて行くと良いでしょう。

クリトリスは男性の亀頭によく似た性質を持っています。

女性の身体の中で最も性的刺激を感じられる部位であり、刺激により勃起と同じように大きくなります。

十分に濡らした指や舌などで、優しく刺激することから始めてください。女性は最初にクリトリスへの刺激でイクことが多いのです。

男女のイキ方の違い

男性の場合はイク=射精と分かりやすいのですが、女性の場合は少し複雑です。

男性は射精が終わると、性欲は急に減退してしまいます。

どちらかと言えばあまり触られたくなくなったり、すぐにもう一度セックスするのは嫌だと言う男性も多いと思います。

しかし女性の場合は、一度イクとそれで満足という訳ではなく、むしろ一度イクことで何度でもイキやすくなるのです。

そこを理解しておかないと、女性側はもっと何度でもイキたいのに、男性側は女性が一度イッたのを見て安心してしまい、愛撫の手を止めてしまったりするのです。

この場合女性には欲求不満が残ります。また、女性は刺激を受ける部位によっても違うイキ方をするのです。

 

クリトリスは陰部神経が支配しています。簡単にイキやすいのですが、快感が及ぶ範囲はクリトリスの周辺のみで、持続は数秒しかありません。

クリトリスでイッた後に、もう一度クリトリスに刺激を与えると、嫌がられる場合があります。男性の射精後すぐの亀頭の状態と考えると分かりやすいと思います。連続でイカせることはクリトリスでは難しいかもしれません。

遅漏男性と不満女

Gスポットは、下腹神経が支配しています。

クリトリスよりも快感が強く、また持続時間も長くなります。快感を得る範囲は、腰から下半身にかけて広がります。クリトリスに比べて上級の快感と言えるでしょう。

しかしクリトリスとは違い、快感を得るには開発が必要なので、誰でもGスポットで気持ち良くなれる訳ではないと言うことを知っておいてください。

Gスポット

最後にポルチオ性感帯ですが、ここは迷走神経が支配しています。迷走神経は延髄から全身の臓器にまで延びる神経です。

ポルチオ性感帯は、開発されていないとすぐに快感とはなりづらいのですが、ここへの刺激でイケるようになると、全くレベルの違う大きな快感が得られるようになるのです。

そして、一度ポルチオ性感帯でイケるようになると、今度は簡単にイケてしまえるようになるのです。

ポルチオ性感帯の快感は長時間に及ぶ、突き抜けるような快感です。しかもこの快感は、全身へと広がっていくのです。

「頭が真っ白になる」と表現されるのは、ポルチオ性感帯でのエクスタシーです。

つまり、女性は繰り返し様々な部位でイクことが出来るうえに、イク度にエクスタシーのレベルが上がって行きます。

女性が感じられるそれぞれの部位での快感を十分に与え、それぞれでイカせてあげることによって、女性は本当のエクスタシーを迎えられるようになるのです。

 

女性が感じている時の反応


女性が感じているときは、【興奮期】【上昇期】【オーガズム期】【消退期】の4つの段階を踏んでいきます。

興奮期

前戯よりも更に前の段階をいいます。服を着たまま抱きしめ合って、セックスが始まりそう、もっと触れられたい、気持ち良くなりたい。

そんな期待感が興奮となり、身体が火照ってくる段階です。キスをしたり、耳元で囁いたり、女性の想像力を掻き立てるような行為で、クリトリスが大きく熱くなってきます。

また、見た目では乳首が立ってくるので分かりやすいでしょう。

上昇期

性的な興奮が増して行っている段階。クリトリスへの愛撫など、性感帯への刺激によって徐々に気持ち良くなっている状態です。

男性の愛撫に合わせ、呼吸が荒くなったり早くなったり、それに伴い脈拍が上がったりします。身体が受け入れの準備に入り、膣口が開いてきます。

同時に小陰唇は大きく膨らみます。次のオーガズム期に向けて感じやすい状態になります。

オーガズム期

身体全体に力が入ると同時に、人によってはどこを攻められても快感が得られるほど敏感な状態になります。

痛みに関しては反対に鈍感となり、激しいピストン運動も受け入れられるようになります。

何度でもイクことが出来るうえに、それを重ねることで快感が積み重なり、大きな絶頂へとつながります。

消退期

女性がイッた後は、ゆっくりゆっくり興奮がおさまっていきます。男性との密着を求めることも多いでしょう。

一緒に余韻を楽しむことで、女性のセックスの満足度はかなり高まるので、男性は気遣ってあげると女性に喜ばれます。

また、知らない方も多いようですが、女性は男性が自分とのセックスで射精をしてくれたということで、脳内からセロトニンという幸せホルモンが大量に放出されます。

女性がセックス中に一番エクスタシーを感じるのは『男性が射精をした瞬間』だという実験結果もあるのです。

女性をイカせることに加えて、男性も気持ちよく射精をすることが出来たら、女性に本当のエクスタシーを与えられることになるのでしょう。

女性が小さくイク時の反応

女性の快感が高まり、小さくイクときには、小陰唇がぷっくりと膨らんできます。膣口が開いてくるため、指で愛撫している時など特に分かりやすいでしょう。

呼吸が早くなり、女性が「イク」と表現するのもこの時です。

「イク」と言われてもそれで愛撫を止めてしまったりしてはいけません。それでは女性は大きな快感を得られず、不完全燃焼に終わってしまいます。

女性がイクのは一度だけではないからです。

クリトリスへの刺激でイッた後も、Gスポットやポルチオ性感帯でイクことが出来る上に、その場合は更に大きな快感が伴います。

女性が小さくイッたのを確認したら、もう一つ上の快感へと導いてあげなければなりません。

女性が大きくイク時はこんな反応

女性がセックスでイク反応
クリトリスへの刺激などで女性がイッた後は、挿入をしてGスポットやポルチオ性感帯を刺激してください。

女性の手足がピンと伸びたようになった場合は、大きくイク時です。

身体に力が入ることで、より快感を強く感じることが出来るため自然と手足が伸びます。

身体全体に力が入るため、背中に回した手にも力が入りすぎて、爪の跡が付いたりすることもあります。

愛撫をしているときはさらに攻めたり、ピストン中であればより奥まで突けるように、女性を屈曲位にしたりしてみてください。

指や道具でGスポットやポルチオ性感帯を刺激してイカせることも可能なのですが、男性は自分のペニスを挿入し、自分のペニスでイカせたいと思うものです。

騎乗位や後背位はペニスがGスポットに当たりやすい体位であるため、女性が快感を簡単に得られることが多く、おすすめの体位です。

反対に短小ペニスやドリチンの場合、正常位では奥まで突きづらく、ポルチオ性感帯まで刺激するのは難しいでしょう。

男性は正常位が最も快感を得られることが多いことから、正常位を好む方が多いようです。

短小ペニス/ドリチンでも正常位でセックスしたい場合は、屈曲位をうまく利用すると良いでしょう。屈曲位によって男性の体重がかかり、より深い挿入が可能になります。

ペニスを深く挿入出来るということは、奥まで突けるということに繋がり、短小ペニスでもポルチオ性感帯やGスポットの刺激がしやすい状態になる、という利点があります。

ただし奥の方を刺激するのは、十分に女性が感じており、受け入れの準備が整ってからにしてください。

この部分は非常に敏感なので、焦って攻めたりすると「痛い」「苦しい」という反応になり、快感とは違うものになってしまいます。

女性がクリトリスでイッた後、時間をかけて焦らした上で、屈曲位の状態で挿入するようにするとスムーズです。

屈曲位では、女性は腹筋に力が入りやすいため、イキやすい体勢と言えます。

女性が大きくイク時は、普段の声とは全く違う声が出ることがあります。

理性が及ばない、本当の快感に身を任せているときなので、奇声や絶叫、人によっては反対に全く声が出なくなることもあります。

普段とは明らかに違う声が出ていたら、女性が大きくイッているときだと考えて良いでしょう。

まとめ

短小ペニスやドリチンでも、女性が感じるポイントを押さえ、順序立てて攻めていくことで何度も女性をイカせることが出来ます。

テクニックにはこういった知識が不可欠なのです。知識に基づいたテクニックで何度もイカされた女性は、またあなたを求めるようになるでしょう。

しかし、女性は本能的に巨根の男性に惹かれてしまうのもまた事実。

『巨根=気持ちが良い』とDNAに刻まれているようなものなので、仕方がありません。

かと言って、短小やドリチンペニスだからとどうにも出来ない敗北感と共に生きていくのは辛すぎます。

実は、ペニスは大きくなります。ペニスを大きくする確実な方法が、存在しているのです。

それだけで女性に強い快感を与える【巨根】

そして、知識に基づいたイカせるための確かな【テクニック】

この2つを兼ね備えた男性は、自身に満ち溢れているはずです。そんな男性に女性が惹かれないはずはありません。

ペニスを大きくする確実な方法については、別記事にてお話します。

 

⇒【ペニスを大きくする4つの方法】効果やリスクまで徹底解説

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!