【マンネリセックス対策】野外など刺激的なセックスにも挑戦してみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マンネリセックス対策

パートナーとの付き合いが長くなると、大半のカップルは、最初の頃のドキドキや興奮が薄まり、普段のデートやセックスがマンネリ化するという事態に陥りガチです。

その過程で別れるカップルも多い中、それでも離れず一緒にいたいと思えるパートナーは、相性の良い相手ですので、マンネリに陥る事自体が悪い訳ではありません。

しかし、そんな大切な相手だからこそ、倦怠期を打破してずっと刺激し合いたいと思うのもまた、人の常です。

とりわけセックスがマンネリ化すると、見た目が自分好みの、刺激的な別の相手が現れた場合、浮気の原因にもなりえます。

このケースに遭遇した場合で多いのは、「気持ちは今でも本命パートナーにあるが、マンネリ化してる中で刺激的な相手に(一時的に)欲情してしまった」というケースです。

しかし、その浮気相手に恋愛の気持ちは無くとも、バレれば本命パートナーを高確率で失います。

それであれば、相性は良いがマンネリ化してる今のパートナーと、再び刺激的なセックスが出来る様な工夫をする方が良いでしょう。

パートナーとセックスを楽しむには、野外~少しアブノーマルやモノまで含め、バリエーションは豊富なので、趣向を凝らせばマンネリカップルでも再び刺激的なセックスをする事は十分可能です。

もし今のあなたが、パートナーとの付き合く既に倦怠期に陥っている場合、これ以上マンネリ化しないためにも、ぜひ刺激的なセックスをしましょう。

 

セックス前は自然に布団に入って自然と盛り上がる

体は清潔にして、寝る前にセックス

週末にデートして、食事やお酒を楽しんだあと、どちらかの部屋に泊まってセックスするというのが、ほとんどのパターンでしょう。何度も体を重ねた相手なら、お互いのことは何でもわかっています。

どちらかの部屋に行ったら、しばらくイチャイチャしながら過ごしてもいいし、すぐにセックスを始めてもいいでしょう。

普通はシャワーを浴びてからセックスしますが、中には汗を流さずにそのままセックスに突入するカップルもいます。

お互いに汗で汚れた相手の性器をフェラしたりクンニするのは、好きでなければできないことです。ただし、この場合の「好き」とは、相手のことが好きとは限りません。単に汚れた性器を舐めるのが好きなカップルもいますから。

このあたりのことは、2人が納得しているなら他人がとやかく言う筋合いではありません。カップルの数だけセックスの形があると、誰かが言ったような言わないような・・・。

明日が休みなら、ベッドの中で思い切り楽しんで、疲れたらグッスリ眠りましょう。

翌朝のセックスがまた萌える

彼女と泊まって、寝る前にセックスするのも気持ちいいですが、さんざんセックスしたあと眠りについて、翌朝繰り広げるセックスもまたオツなものです。

昨晩精液を出し尽くしてヒリヒリするペニスを挿入しながら、寝ぼけた彼女に「おはよう」と挨拶するのは、若いからこそ許されることでしょう。

「まだ眠いよ~」と言いながら、しがみついて喘ぎ始める彼女は、もしかすると天使に見えるかもしれません。

起き抜けのセックスが終わると彼女が朝食を作ってくれます。このとき、台所に立つ彼女に裸でエプロンをつけさせるかどうかは、もう好きなようにしてください。

ちょっとアブノーマル

彼女が作ってくれた朝食を食べたら、しばらくのんびり過ごすのはいつものことでしょう。

このとき、もし彼女に電話がかかってきたら、ちょっといたずらしちゃいましょう。

そうです。電話している彼女の下半身を脱がせて、やさしくクンニをしてあげるのです。

もちろん彼女は抵抗するけど、電話しているから「やめて」とは言えません。優しくにらみつけるのが精いっぱいの彼女を無視して、股間に顔を埋めましょう。

あとは彼女が「あっ」と声を出す直前までクンニしてあげると、電話を切ったあとのセックスがびっくりするほど激しくなります。

「電話中は絶対やめて」

彼女が涙を浮かべてこう言ったら、その場は「ごめん」と謝って、また電話がかかってきたら、同じことをしてあげるのがマナーというものです。

ちょっと変わったセックスかもしれない例①

屋外でのセックス

野外セックス

でも、「外でしようか」と誘っても、「えー、やだぁ」と言うか、「バカじゃないの」と怒られるかどっちかです。

しかし、「いいからいいから」と言って連れ出すと、「本気なのぉ」と言いながら潤んだ瞳でついてきます。

最初は、絶対に人が来ない場所に連れ込んで、立ちバックでセックスしましょう。立ちバックなら、誰か来てもすぐ離れられるから彼女も安心します。

しかし、彼女が野外セックスに慣れてきたら、もうちょっと過激にするのもアリです。

誰か来るかもしれないという興奮

次は、誰か来るかもしれない場所でセックスしてみましょう。

誰か来るかもしれない場所というのは、団地の最上階から屋上に通じる踊り場とか、大きな通りから1本奥に入った路地裏などです。

団地の最上階の踊り場は、まず人が来る場所ではありませんが、大人に隠れてタバコを吸う中学生とか、そこをセックスの場所にしている高校生などが来ないとも限りません。

誰も来ないとしても、コツコツと響く足音が近づくたびに、自分たちがいる場所まで上がってくるのではないかとドキドキします。

そんな場所で、彼女が必死に声を殺して喘ぐ姿を見ながらのセックスは、得も言われぬ快感でしょう。

また、路地裏でセックスするのも同じです。特に路地が行き止まりだったら、誰か来たら逃げ場はありません。

そんな状況であわただしく交わるのは、室内の安全な場所でセックスするのとはまるで違います

それはとんでもない興奮を呼び覚ましますから、「もうこんなのやめて」と涙を流して抗議した彼女も、しばらくたって誘うと「やだなぁ…」と言いながらついてくるのは間違いありません。

いつ人が通るかもしれない場所でカーセックス

カーセックス

車を持っているなら、いつ人が通るかもしれない場所でカーセックスするのもおすすめです。

繁華街を外れて30分も車を走らせれば、人家もまばらな場所に出ます。そこからさらに山のほうに入ると、もっと人家が少なくなります。

しかし、道路が舗装してある限り、必ずある程度の交通量があります。そんな場所で車を道路の脇に停めてカーセックスするか、彼女にフェラさせましょう。

「俺がイクまでやめるな」と言ってフェラさせるか、騎乗位でセックスすれば、「お願い、早くイッて!」彼女は涙を浮かべて懇願しながらイキまくるでしょう。

マンネリを打破したければ、こんなシチュエーションも考えてみましょう。

究極は…家の近所で野外セックス

野外セックスは人に見られたら大変です。だから、見られそうな状況になるとすごく興奮します。

では、見られる相手が知ってる人だったら・・・。

考えたことありますか?つまり、家の近所の人に見られたらどうする?という状況です。

そんなの絶対困りますよね。でも、だからこそ興奮するわけです。家の近所で、誰も来そうにない場所だけど、絶対来ないとは言い切れない。

そんな場所を選んでセックスしましょう。そこが彼女の家の近くなら、「お願い、もう許して…」彼女はきっと懇願するでしょう。

でも、それを無視して立ちバックで突きまくるのは、得も言われぬ快感です。

ちなみに、彼女が喘ぎ声を上げ始めたら、ピストンを早めてすぐに終わってあげるのも男のやさしさです。

ちょっと変わったセックスかもしれない例②

着衣でするのが興奮するカップルも

服をきたままセックス男女

セックスはあらゆる動物が行う行為ですが、裸になってセックスするのは人間だけです。もちろん、他の動物は毛皮をまとっているので、脱ぎたくても脱げないのですが。

しかし、人間が着ている洋服は、かつては毛皮を着ていたのが洋服に変わったわけですから、着衣のままセックスしてもおかしくありません。

でも、いつの時代でもどこの国でも、人間が裸になってセックスするのはある意味不思議な気もします

着衣のままセックスするのが当たり前の国や、種族がいてもおかしくないような気もするのですが。

というのは、セックスに関しては地域によって多種多様な考え方があり、旅人に自分の妻を抱かせるのが最高のもてなしである地域もあります。ちょっと常識では考えられませんが、自分の妻を旅人に抱かせるのが当たり前の地域は、世界のあちこちにあるようです。

それなら、着衣でセックスするのが当たり前の国があってもおかしくないように思います。(調べた限りではそんな国はないようですが)

服を着たまま愛撫して挿入

服を着たまま挿入すると、それだけでアブノーマルな気がします。着衣セックスというと、どんな体位を想像するでしょうか。

私は騎乗位を想像してしまうのですが、みなさんはどうでしょうか。いかにもイケナイことをしている・・・

そう思わせるのが着衣セックスの醍醐味と言えるでしょう。

着衣セックスにつきまとう背徳のイメージ

着衣セックスには、どうしても背徳とかアブノーマルなイメージがつきまといます。なぜなら、普通のセックスは裸になってするものだからです。

着衣のまま挿入するということは、服を脱ぐ暇がないとも言い換えられるかもしれません。

たとえば、いきなり女の子を押し倒して「あっ、ちょっと、何するの!」と叫ぶのを無視して、下だけ脱がせて半ば無理やり挿入する。

そういう状況だと、着衣のままセックスすることになるでしょう。「ねえちょっと、もう…やだぁ、抜いてよ…ねえお願いだから!」

女の子から息も絶え絶えにこんなことを言われて、「はいわかりました」とペニスを抜く男はいません。

どうやら着衣セックスというフレーズには、どこか正常ではないセックスを思い起こさせる何かがあるようです。

裸でするより盛り上がって勃起力アップの可能性アリ!?

ジーパン勃起力アップ

どこかイケナイセックスをしているという気にさせる着衣セックス。そこには、アブノーマルなセックスという以外に、禁断の相手とのセックスという意味も含んでいるような気がします。

禁断の相手とは、たとえば友達の彼女とか、同僚の妻とか、兄嫁とかそういったシチュエーションです。

実際にそんなシチュエーションはないとしても、たとえ相手が自分の彼女であっても、どこか普通のセックスとは違う感覚に陥るのが、着衣セックスの魔力かもしれません。

そのせいか、一度着衣セックスに目覚めると、もう着衣でないとセックスした気にならなという人もいるようです。

どこか禁断の匂いがする着衣セックス

それにハマる人が多いのであれば、それは禁断のセックスに憧れを抱いている人が多いということになるのかもしれません。

まとめ

女性とセックスするのは、週末の夜などにデートしてから、どちらかの部屋に泊まることが多いのではないでしょうか。

そこで何度もセックスをして、疲れ果てて寝た翌朝のセックスはまた格別なものがあります。つまり、寝ぼけた状態でするセックスもなかなかイイということです。

通常、セックスするのはシャワーを浴びてからですが、中には汗で汚れたままの相手の性器を舐めたり舐めさせるのを喜ぶ人もいます。

それでお互いが納得しているなら、他人がとやかく言う筋合いではありませんが、セックスのパターンはカップルの数だけあると言ってもいいのかもしれませんね。

彼女とのセックスがマンネリなら、野外セックスに挑戦することをおすすめします。誰か来るかもしれないというシチュエーションで性行為をするのは、これ以上ないほどの興奮です。

また、着衣のままのセックスも興奮を呼び覚ます魔力を秘めています。着衣セックスは、日常の中で簡単にアブノーマルなシチュエーションを作り出すことができます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!