人気の性力剤/ペニス増大サプリ 効果比較ランキング2019

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
精力剤増大サプリランキング

男性の中には、ペニスの大きさや硬さ、勃起持続力などにコンプレックスを持つ人が非常に多いようです。

しかし、こうした悩みは正しい知識と正しい方法を実践することで、必ず克服することが可能です。

この記事では、こうした男性特有の悩みを解決するのに最適な「精力剤やペニス増大サプリ」の中でも、特に人気商品を厳選ピックアップ!

更に、パッケージ表記から読み取れる成分配合密度分析を徹底的に行う事で、最も効果が期待出来る可能性の高い商品を3つに絞りました。

この記事の分析方法を学べば、きっとあなたに最適な商品が見付かると確信しています。

ぜひ最後までご覧下さい。

 

ペニスの悩みは増大サプリ・精力剤で解決!

ペニスの大きさで悩んでいる人の中には、即効性を期待する人も多いので、そういう人にはペニス増大手術が向いているかもしれません。しかし、手術は費用もかかりますし、リスクもあります。

また、精力や勃起力増強、硬さアップで思いつくのは、バイアグラなどの勃起薬ではないでしょうか?

しかし、こうした医薬品指定の勃起薬は即効力が期待できる反面、無視できない副作用もあるのが実情です。

 

バイアグラやレビトラ、シアリスなどのED治療薬は、PDEを阻害することでcGMPやcAMPの働きを強めて血管の拡張を促進し、ペニスを勃起させます。

※茶葉に含まれるテオフィリンやコーヒーのカフェインにはPDE阻害作用があり、摂り過ぎるとcAMPが増えすぎてしまい、血管の過拡張を起こしてけいれんや呼吸障害などの副作用を起こす可能性があります。

 

そのため、副作用もなく安全で健康的にこれらの悩みを解決するには、精力サプリやペニス増大サプリがおすすめです。

サプリメントなら医薬品とは違い、毎日摂取しても、副作用の心配をせずにペニス増大や勃起力アップが期待出来ます。

日本製のサプリメントには医薬品の成分は一切使用されておらず、穏やかな作用の成分だけなので、医薬品のように即効性もないかわりに副作用の心配もありません。

体に良いものでも、何か飲むとなると、やはり一番気になるのは安全性です。

その点、日本で製造販売されているサプリメントなら、厳しい基準を通過して.いるので安心して飲むことができます。

ちなみに、サプリメントに医薬品の成分が含まれていないのは、日本だけでなく世界共通の基準です。
ただし、海外では含まれていないはずの医薬品の成分が、こっそり配合されていることがあるようです。

医薬品やサプリメントの製造基準は国によってまちまちで、日本の基準の厳しさは世界でもトップクラスです。

そのため、日本のサプリメントと同じように、海外のサプリメントを信用するのは間違いですから気をつけましょう。

 

 

ただし、ペニス増大サプリや精力サプリの中には、主要成分を減らして原価を下げ、不当に儲けようとする粗悪品が数多く出回っています。そのため、購入する前にそれらを見分ける目を養うことが必要です。

そうしないと、何も知らずに粗悪品を買ってしまった人が、「ペニスも増大しないし勃起力もアップしない」と言って、ペニス増大サプリや精力サプリを否定する結果となってしまいます。
(※事実、そう思い込んでいる人も少なくありません)

その結果、そういう人が口コミで悪口を書くと、「実際に飲んだ人の言うことだから」と、鵜呑みにしてしまう人も出てきます。
そうなると、不当にペニス増大サプリの悪い噂が立つことになってしまうのです。

しかし、主要成分が正しく配合されたペニス増大サプリや精力サプリは、確かな効力を発揮します

粗悪品が多い中で、そういう「本物」もわずかながら存在しますので、それを見極めることが大切なのです。

そこで、この記事では、ペニス増大と精力増強効果が確実に発揮できる商品を3つ厳選して、ランキング形式でまとめてみました。

~総合1位~ベガリア

ベガリア

 

当サイトによるパッケージ表記の成分配合分析の結果、ペニス増大効果と精力増強、勃起力アップのすべてにおいて、類似商品を圧倒!高い効能を発揮するとの結論に達した商品、それがベガリアです。

主要成分であるL-シトルリン、L-アルギニンに加えてL-オルニチンや亜鉛など、ペニス増大と精力増強に欠かせない成分がふんだんに配合されています。

さらに、トンカットアリやマカなどの濃縮エキス末も配合されており、高い効果が認められています。

そのため、ベガリアは20代~70代以上の幅広い世代に愛用されていますが、L-シトルリンやL-アルギニンには勃起力アップ効果もあるため、特に40代以降の中高年男性に支持されています。

では、なぜそれほど多くの人に支持されているのでしょうか?

ベガリアの効能の秘密は、その独特の配合比率にあるようです。

それは黄金比率と呼ばれるものですが、有効成分の独自配合により、ペニス増大と精力増強に最大限の効果を発揮しています。

ちなみに、ベガリアは成分特許を取るまで黄金比率は非公開としているため、今のところ類似品を作ることはできません。

その黄金比率を使用した製造販売権を日本で唯一取得し、国内で原料調達から製造、販売まで行っているのがベガリアなのです。

ベガリアはもともと、海外産のサプリメントです。通常、海外産のサプリメントを日本で販売する際は、日本人向けに成分を調整するのが一般的です。

しかし、ベガリアは成分無調整で国内販売しています。実はこれが、ベガリアに絶大な効果がある理由のひとつなのです。

体格の大きな外国人向けに調整されたサプリメントを、小柄な日本人が飲めば高い効果が得られるのは当然のことです。
むしろ、効きすぎるくらい効くのは間違いないでしょう。

そして極めつけが、内容量(カプセルの数)です。なんと1箱120粒(1日4粒推奨)です。

当然ながら、1カプセルに配合出来る成分量は限りがありますので、たとえ同じように成分を凝縮した製品でも、1日1粒と1日4粒では、その効果に大きな差が出るのは言うまでもでないことです。

このように、ベガリアは無調整の成分を4錠に分けて配合しているので、高い効能を引き出せているのです。

しかし最終的には、先述した「パッケージ表記から読み取く成分配合密度分析」により、1位が確定しました。

当サイトではもちろん、このランキング記事を作成するに当たり、ベガリアを事前注文しましたので、その分析結果が導き出されたパッケージ表記を公開します。

ベガリアのパッケージ表記から読み解く成分配合密度分析

ベガリア_商品パッケージ成分表記

ベガリアのパッケージを見ると、JAS法に基づいた成分表が記載されていますが、「余分な成分を配合して主要成分を減らす」などの手法を使う、粗悪品に見られる特徴が一切ないことがわかります。

(※JAS法に基づいた成分分析の方法や解説については、書いていたら想定より長くなり、かつ本記事とはテーマが違うため、以下の別記事に分けました。ぜひこちらもご一読下さい)

⇒【中身のあるサプリ】⇔【スカスカ粗悪サプリ】の見極め方法を解説!

更に、ベガリアのカプセルは透明カプセルが使用されていることから、着色料(製造上不要)などは一切含まれていないのは間違ありません。(中身が見えるのでごまかしが効かないため)

ベガリアカプセル中身

↑ベガリアのカプセルを割った拡大写真↑ 透明カプセル内に有効成分が凝縮されているのが一目で分かる

 

ベガリアとは逆に、「赤や青などカラフルなカプセルを使用してわざと中身を見せない」という製造手法が、粗悪品にありがちな特徴の1つです。

着色カプセル

絶対とは言えませんが、カプセルに色が入っていると、中の様子(分量)が分かりませんので、「コストカットでスカスカだから中を見せられない」という可能性を疑われても仕方がありません。

残念ながら、今ちまたで人気とされる類似商品でも着色カプセルを使用している例は多く、透明カプセルを使用している商品はごく一部しかないのが現状です。

(※そうした着色カプセル商品の「成分表記分析」と「中身の解剖」も当然行いましたが、案の定当サイトで自信を持ってオススメ出来る品質では無かったため、ランキング圏外になった商品も数多くあります

このように、業界事情を元に各商品を徹底解剖⇒分析すれば、ベガリアのような消費者の視点に立って製造されている製品の見極めは容易にできるので、騙されて粗悪品を購入しないようにしましょう。

蛇足ですが、ベガリアは高い効能が期待出来る反面、一度の入荷数は少ないようで(品質保持のためと推察)、売り切れや販売中止の可能性もありそうです。

そのため、現在購入をご検討中の方は、なるべく早めに申し込む事をオススメします。

 

⇒ベガリアの詳細・購入はこちら

~総合2位~ゼノシード

ゼノシード

ランキング総合2位に輝いたのはゼノシードですが、こちらもベガリアと同様に海外産のペニス増大サプリです。

血流改善に効果のあるL-シトルリンや、成長ホルモンの分泌を活性化するL-アルギニン、亜鉛、トンカットアリ、ムクナ、マカ、アカガウクルア、すっぽんなどの成分が、バランスよく配合されています。

ゼノシードの2大主要成分であるL-シトルリンとL-アルギニンには、血管を拡張する作用があります。

その効果で血流が改善し、ペニスに流れ込む血流量が増えてペニスが増大し、精力増強と勃起力アップが期待出来るわけです。

男のやる気は男性ホルモンに支えられていますが、ゼノシードには加齢によって衰えがちな男性ホルモンに活を入れてくれるトンカットアリ、マカ、アカガウクルアなどがバランスよく配合されています。またゼノシードは成分種類が少ないだけに、配合量が分散せず集中して働いてくれることが期待できます。

ちなみにゼノシードの主成分であるL-シトルリン、トンカットアリ、マカ、アカガウクルアなどは他の男性向けサプリメントにもよく見られる成分ですが、ゼノシードには他の製品ではあまり見られない「ムクナ抽出物」という成分が配合されています。

ゼノシードはムクナ抽出物をはじめ含有成分の種類が少ないため、それぞれの成分が十分にその特徴を発揮できると考えられます。
(⇒理由は以下パッケージ表記解説に続きます)

ムクナはハッショウマメとも呼ばれるマメ亜科トビカズラ属の植物です。東南アジアや中国南部が原産地で、日本では沖縄で栽培されていこともありました。
しかし、日本の気候には合わないため、現在はほとんど栽培されていません。

実は食べられますが、有毒成分があるため、下痢を起こすので茹でて何度も煮こぼさないと食べられません。

豆や葉や根にドーパが含まれており、パーキンソン病の薬として使われることがあります。
また、豆は強壮剤、催淫剤としても使用されています。

だから、ゼノシードの成分としても有効なわけです。

ゼノシードのパッケージ表記から読み解く成分配合密度分析

ゼノシード_商品パッケージ成分表記

 

上記画像がゼノシードの成分表記記載面になります。この表記を見る限り、原材料には有効成分のみの記載しかありません。

つまり、粗悪品にありがちな特徴である、賦形剤(ふけいざい)を始めとした添加物が一切見当たらないので、1カプセルあたりの成分配合密度は、あらゆる類似商品の中で、ゼノシードが一番高い可能性があります。

ただし、それはあくまで1カプセルあたりの成分密度の話です。

残念ながらゼノシードは、1箱に入っている量が、ベガリアより遥かに少ない 30カプセルしかありません。(勿体無い・・・)

成分配合密度では1位を取ったゼノシードですが、カプセル数の少なさから「購入価格に対する費用対効果」でベガリアに敗北⇒2位となってしまいました。

(※もし、ゼノシードが1箱に90カプセル程度パッケージされていたならば、最高の商品と言えたかもしれません)

ゼノシードも他の類似商品同様、定期的に割引セールやプレゼントキャンペーンを行っているようです。そのため、キャンペーン中に購入すると、安く買い求められるので大変お得です。

キャンペーン情報はホームページを見てこまめにチェックするといいでしょう。

ゼノシードもベガリアと同様に国内生産ですから、安心して服用できるのもうれしいポイントです。

 

⇒ゼノシードの詳細・購入はこちら

 

~総合3位~ヴィトックスα

ヴィトックスα

ランキング総合3位は、ヴィトックスαです。

こちらは、人気商品だったヴィトックスのバージョンアップ版です。L-シトルリンやL-アルギニンのほか、亜鉛やガラナ、マカパウダー、アカガウクルアなどの有効成分が配合されています。

ちなみに、ヴィトックスαにはヴィトックスの2倍ものL-シトルリンが含まれています。さらに、ヴィトックスに含まれていた成分のほかに、100種類以上の成分が配合されました。

動物系では馬睾丸をはじめクジラエキス、トナカイ角、サソリ、マムシ、すっぽん、タツノオトシゴ、蜂の子などの成分が配合されています。

植物系では、トンカットアリ、マカ、ムクナ、アカガウクルア、ボロホ、ブラックジンジャー、ヒハツなどの成分が配合されました。

ミネラル系では、L-シトルリンが従来品の2倍に増量され、L-オルニチン塩酸塩、L-アルギニン、ヨウ素、セレンなどが配合されています。

さらに、ヴィトックスαには現在注目を集めている、レスベラトロールが含まれていることも、大きなポイントとして挙げられるでしょう。

レスベラトロールには科学雑誌「Nature」でも紹介された、サーチュイン(長寿)遺伝子を活性化する働きがあります。

つまり、ヴィトックスαはアンチエイジングにも、大変効果的なサプリメントなのです。

ヴィトックスαのパッケージ表記から読み解く成分配合密度分析

配合成分の選別にはセンスを感じるヴィトックスαですが、肝心の成分配合密度分析はどうでしょう?

ヴィトックスα商品パッケージ画像

トレハロースや結晶セルロースといった、添加物は表記の後方に位置していますので、謳っている成分がしっかり入っているのは間違いないでしょう!

・・・しかし

ヴィトックスαもゼノシード同様、1箱あたりのカプセル数は30粒、つまり1日分は1カプセルですから、1カプセルの中に100成分を配合した形になるわけですが・・・

カプセルや錠剤の容量には当然ながら限りがあるため、必要以上に成分数が多いと、1カプセルあたりの成分量はわずかになってしまうため、効果が弱くなってしまうのです。

有効成分が効率的に作用するには、必要なだけの量が含まれている必要がありますが、成分数が多すぎると、十分な量を含むことは物理的に無理です。

1カプセルの中に、100種類もの成分が十分に配合できるものではありません。

言ってしまえば、100種類の成分を摂取したいのであれば、最初から100種などの野菜酵素を摂取した方が安上がりとなります。

ヴィトックスαは優良商品のひとつである事に疑いはありませんが、こうした理由からベガリアやゼノシードと比べると、そこまで期待出来ないという判断になり⇒3位に甘んじる結果となりました。

 

⇒ヴィトックスαの詳細・購入はこちら

 

~迷ったあなたへ~ 深堀り解説編

解説

 

さて、「ペニス増大/精力増強に効果が期待できる代表的な3商品とその特徴」を紹介してきましたが、それでもまだ「どれが自分に最も合う商品かイマイチわからない・・・」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は1位のベアリアと2位のゼノシードの分析結果は、当初の予想以上に大きくポイントに差が付く結果となりました。

そこでここからは、「商品別分析では書ききれなかったその理由」を、深堀り解説していくことにします。

(※ここからは、更に専門知識を元にした分析になります)

ベガリアの成分構成は「相乗効果」が徹底的に考え抜かれている

ベガリアに配合されている主要成分は、

L-アルギニン

L-シトルリン

L-オルニチニン

トンカットアリエキス末

マカエキス末

アカガウクルア(ソフォン)

 

の6種類です。そのほかにも、亜鉛、ガラナ末、金時生姜末、イチョウ葉エキスなど全部で30種類に及ぶ有効成分がバランスよく配合されています。

そして、これらの有効成分が個別に働くのではなく、それぞれが連携して相乗効果を発揮するところにベガリアの凄さの秘密があるのです。

 

ペニスの勃起は、ペニスだけに局所的に起こるものではなく、人体のさまざまな部位が連携して初めて成立する複雑な生理現象です。勃起は、視覚や聴覚、あるいは触覚による直接的な刺激が脳に送られ、脳が性的な興奮を覚えることからスタートします。

 

脳が性的興奮を覚えるとそのシグナルは脊髄を通って骨盤の神経へと伝わり、骨盤につながるペニスの海綿体神経へと伝達されます。

こうして脳の性的興奮による勃起シグナルが海綿体に到達すると、さらに別のシグナル伝達物質を活性化し、海綿体の血管を拡げることで大量の血液が流入し、勃起という目に見える現象を引き起こすのです。

 

べガリアに配合された有効成分はこの一連のシグナル伝達の過程で、それぞれが連携して働きます。

成分相乗効果イメージ

 

シグナル伝達の最上流である脳の興奮、つまり性欲は男性ホルモンであるテストステロンによって起こりますが、体内で作られるテストステロンのうち、35~75%は糖タンパクと結びついているため、生理活性が失われています。

 

この使用できない生理活性が失われたテストステロンの割合は年齢と共に増えていきますので、性欲を維持するためには総テストステロンを増やすことと、生理活性が失われたテストステロンの割合を小さくすることが重要です。

※テストステロン豆知識※______________

総テストステロンは20歳をピークに、ゆるやかに減少していきますが、生理活性が失われたテストステロンは40歳を過ぎるころから急激に増加します。相対的に活性テストステロンが急に減少することで、性欲の減退、精子の運動性の低下や量の減少など性機能の低下を引き起こします。

活性テストステロンの低下は、骨や筋肉の減少、内臓脂肪の増加によるメタボリックシンドローム、循環器疾患など、さまざまな男性更年期症状の原因にもなります。

人は高齢になると筋肉が細くなり骨ももろくなりますが、これは活性テストステロンが減少することと無関係ではないようです。
人体は年を取るごとに衰えていきますが、それはテストステロンの減少と密接な関係があるのでしょう。

2006年に米国マサチューセッツ工科大学とマレーシア政府が共同で行った研究によれば、トンカットアリの根から抽出されたペプチドには、テストステロンの活性を高める作用があると報告されています。
________________________

 

こうした点も踏まえると、ベガリアが公式販売HPにて、有効成分の独自配合による「黄金比率」という文言を謳うのは、納得出来ます。

 

⇒ベガリア正規販売サイトはこちら!

 

【ベガリア配合成分は相乗効果で勃起力に作用する】理由を解説

一方、マカは多くの機能性確認試験で、男性ホルモンの量に影響を与えることなく、男性の性欲を改善することが示されており、ベガリアに配合されたトンカットアリとマカは、それぞれ別の作用によって性欲を改善すると考えられます。

更に、主要成分ではないながらも、有効成分としてベガリアに配合されているイチョウ葉は、脳の血流を促して性欲減退の原因となる精神的ストレスを軽減し、金時生姜は体温が下がるのを防いで血流を良くすることで、トンカットアリとマカのサポート役として働きます。

このように、ベガリアの成分はすべてが関連しており、どれも無駄なく配合されていることがわかります。
性欲が起こり脳の興奮がペニスの神経に伝達されると、海綿体の神経や血管の内皮で一酸化窒素(NO)が産生されます。NOは血管を取り巻いている平滑筋の中でcGMPというシグナル伝達物質を産生します。

 

勃起とは、海綿体にある無数の毛細血管に大量の血液を流入させることによるペニスの膨張ですから、大量の血液を流入させるためには血管を取り巻く平滑筋をゆるめて血管の内径を広げなければなりません。
血管拡張で勃起するイメージ

 

ペニスに限らず、身体の中で平滑筋をゆるめるためのシグナルを発信するのがcGMP(サイクリックGMP)とcAMP(サイクリックAMP)という2種類の弛緩系シグナルメッセンジャーです。このうちcGMPを作りだしているのがNO(一酸化窒素)であり、NOの原料となるのが、ベガリアの主要成分のひとつであるアルギニンです。

 

身体の中では常にたんぱく質の分解と合成が行われていますが、たんぱく質を分解すると副産物として有害なアンモニアが発生します。アルギニンはアンモニアを無害化するために肝臓で働き、最終的に尿素とオルニチンに分解された後、尿素は体外に排出され、オルニチンはシトルリンへと変換されます。

 

また、別の経路ではアルギニンからNOが産生された後、オルニチンを経ずにシトルリンに直接変換されます。そして、オルニチンやアルギニンから合成されたシトルリンは、そのほとんどがアルギニンにリサイクルされ、再び血管を拡張するNOを産生して勃起を促します。

 

オルニチンは肝臓でアンモニアの分解を促進して疲労を軽減することが知られていますが、精神的ストレスを軽減して疲労感を軽減する働きも併せ持つと考えられています。

また、最近の研究では、睡眠中に成長ホルモンの分泌を促す可能性をも示されていて、成長ホルモンは骨や筋肉の成長を促すだけでなく、血管内皮を健康に保つ作用もあります。

 

(・・・と、専門用語が多くなってしまいましたが)

ペニスをより硬く大きく勃起するためには、タフで丈夫な血管を維持することが重要であり、この点からもオルニチンは欠かせない栄養素である事は間違いなく、そのオルニチンもふんだんに盛り込まれているベガリアは、消費者目線で徹底的に作りこまれた商品なのが一目瞭然という訳です。
ベガリア2カプセル外観2

↑ベガリア外観↑

 

SEXのときには硬く怒張したペニスが必要ですが、SEXが終わったら血管を収縮させて勃起を鎮める必要があります。このときに働くのがcGMPやcAMPを分解する酵素で、PDEと呼ばれています。

勃起に関する記事では、とかくPDEは悪く言われがちです。
それはまるで、「PDEがあるから勃起が弱まり中折れや勃起不全が起きる」と言わんばかりです。

では、PDEはないほうがいいのでしょうか?もしPDEがなかったらどうなるか・・・。

男性は一度勃起したら、二度とペニスが普通の状態に戻らなくなります。たとえ射精してもペニスが柔らかくなることはありません。

射精後にペニスを柔らかくして平常時のサイズに戻すのがPDEの役目なのです。
このPDEがないと、一度でも勃起したら死ぬまで勃起したままになってしまうのです。

「死ぬまで」というのはちょっと不正確かもしれません。
なぜなら、PDEが分泌されず勃起したままだと、ペニスの根元が圧迫されたままで血液の循環がなくなるため、まもなくペニスが壊死してしまうからです。

つまり、PDEがなければ勃起状態のままペニスが壊死するのを待つしかないのです。このことから、PDEの重要性がわかります。

PDEはなくてはならないものなのです。
では、何がいけないのでしょうか。何が悪くてPDEのために中折れするのでしょうか?

PDE阻害作用を持つフラボノイドとしてよく知られているのは、たまねぎや赤ワインに含まれるケルセチンですが、ベガリアの主要成分であるアカガウクルア(ソフォン)にも同様のフラボノイドが含まれており、PDEを阻害する作用が研究報告されています。

PDEが必要になるのは、セックスが終わってからです。セックス中は、まだPDEに出てきてほしくないのです。
しかし、何かの手違いでPDEが早く出るようになってしまった・・・。

この結果起こるのが中折れであり勃起不全なのです。悪いのはPDEではなく、PDEが出るタイミングなのです。

PDEが出るタイミングについては、PDEに責任はありません。どこかでコントロールが狂ったために、早く出るようになったのです。

PDEはちょうどブレーキペダルのようなものです。ブレーキは、かけなくてはならないときにかけないと事故を起こします。

反対に、かけてはいけないときにかけると後続車に追突されます。重要なのは、ブレーキペダルを踏むタイミングなのです。PDEも、分泌されるタイミングが重要なのです。

ベガリア第二主力成分「アカガウクルア」考察

アカガウクルアの産地であるタイのチュラロンコン大学とデジャ総合病院で、6ヶ月以上EDの症状がある30~70歳のタイ人男性39人を対象に実施された研究では、試験の前後で勃起に関する被験者の自覚症状を比較しました。

 

3か月の試験終了時点で、試験開始前と比べてEDの自覚症状は、

 


非常に改善された  29.4%
明らかに改善された    17.7%
中程度に改善された    29.4%
それなりに改善された    5.9%

改善されない    17.6%

 

となり、実に82.4%のED患者に改善が見られたという結果となりました。

研究報告者はこの試験結果について、アカガウクルアのPDE阻害作用によるcAMPの増加とこれに伴う血管拡張によるものであると推察しています。

アカガウクルアは、タイのメコン川流域に生えているハーブです。タイでは古来からアカガウクルアの効能が知られており、男性機能のサポート剤として使われてきました。

根が大きな塊状になっていて、切ると真っ赤な液体が出てくるので赤ガウクルアと名付けられました。
アカガウクルアの根にはβ-シトステロールなどの成分が含まれており、地元では根をすり潰して強壮剤として利用されてきた歴史があります。

 

また、この試験とは別に日本で行われたヒト臨床試験では、「若返りホルモン」の別名を持つDHEAが有意に増加した、と報告しています。DHEAは筋肉増強、ストレス軽減、記憶力の向上に役立つと考えられており、世界中で研究が進められていますが、本来の生理的な役割は男性ホルモンや女性ホルモンの原料となることです。

DHEAには、体内の炎症を抑えたりインスリンを活発にして糖尿病を改善する作用があります。
また、筋力を維持したり動脈硬化を改善する働きがあることから、若返りホルモンと呼ばれることもあります。

しかし、もっとふさわしい呼び方は「若さを保つ」とか「老化を遅らせる」といったところでしょう。

DHEAは、男性ホルモンのテストステロンや女性ホルモンのエストロゲンを生成する材料になる物質ですが、これ以外に免疫力を高める作用もあります。
また、アルツハイマーや不妊症の改善にも役立ち、性的欲求を高める効果もあります。

このようにさまざまな効能があるDHEAは20歳前後をピークに、その後は徐々に分泌量が低下していきます。
そして70歳ではピーク時の20%、90歳では5%にまで落ちてしまいます。

DHEAについてはよくわからないことが多いのですが、年齢とともにこれだけ低下すると何らかの問題があるのではないかと気になります。

また、DHEAの分泌量が低下するのは加齢だけではなく、ストレスも大きく影響しています。

DHEAの効能や20歳前後をピークに減少していくことや、ストレスに影響されることなどを見ると、テストステロンとよく似ています。

 

また、アカガウクルアがPDEを阻害してcAMPを増加させるのに対して、トンカットアリにはcGMPを増加させる作用があると考えられています。

トンカットアリは、東南アジアの熱帯雨林に自生する植物で、収穫量が少ないためにマレーシア政府が管理し、一部の権利を持つ団体のみが収穫できるように統制されています。

つまり、トンカットアリマレーシア政府が保護に乗り出すほど貴重で、価値があるということになります。

精力増強のほか、高血圧や偏頭痛に効果があり、痛風、糖尿病、骨密度の増加などの効力もあります。

トンカットアリのエキスにはテストステロンの分泌を促す作用があり、精力増強のほか筋肉量を増やしたりストレスの軽減にも役立ちます。

 

マレーシアで古くから男性向けの催淫剤として利用されてきたトンカットアリから、独自のペプチドやユーリコマノンというカシノイド化合物が発見されたため、マレーシア国立大学でシルデナフィル(バイアグラ)との比較試験が行われました。

 

この試験の結果から、シルデナフィルがPDE阻害効果で勃起を促すのに対して、トンカットアリにはcGMP自体を増加させる作用があるのではないかと推察されています。

 

こうした理由から、ベガリアにこのオルニチン、アカガウクルア、トンカットアリ全てしっかりと含まれていたのは大幅なポイントアップとなりました。

 

⇒ベガリア正規販売サイトはこちら!

 

 

ベガリアに含まれる「その他の有効成分」考察

 

亜鉛

亜鉛には非常に多くの役割がありますが、細胞が分裂するときDNAの修復にも不可欠なものです。そのため、精子の合成など大量の細胞分裂が行われる臓器では必要量が増加します。このため、精子をつくる睾丸の精巣では男性ホルモンの95%が作られており、亜鉛の欠乏は間接的に男性ホルモンの欠乏を招くといわれています。

 

ガラナ

PDE阻害作用を持つカフェインやテオフィリンを含むため、ブラジルなど南米では古くから強壮剤として利用されてきました。

 

ムイラプアマ

原産地ブラジルでは強壮剤として有名で、コリンエステラーゼを阻害することで脳の神経伝達をスムーズにします。

 

カンカニクジュヨウ

中央アジアの広大なタクラマカン砂漠で長寿食として食べられていますが、非常に強力な抗酸化力を持ち、滋養強壮によいといわれています。

 

高麗人参

中国医学では最高ランクの生薬とされ、ジンセノサイドと呼ばれるサポニンを中心とした複合的な作用でEDに対する有効性が示されています。高麗人参のEDに関する研究は非常に多く、有効性についての報告も数多く上がっています。

 

このように、性欲を出発点として勃起するまでのメカニズムに沿って徹底的に考察すると、ベガリアでは、男性ホルモンを活性化して脳で起こる性欲を促進するためにトンカットアリとマカが協力して働き、イチョウ葉と金時生姜がこれをサポートします。

次に、勃起シグナルが脳⇒ペニスに到達すると、アルギニンがNOを作り出してcGMPを増加させ、血管を拡張して勃起力を高めてくれます。アルギニンと同時に配合されたオルニチンはストレスを軽減して性欲の減退を防ぎ、配合されているシトルリンと共にアルギニンにリサイクルされます。

 

ベガリア成分の勃起作用秩序イメージ

↓↓

血管拡張

↓↓

 

これら3種類のアミノ酸トリオがペニスを勃起させるために連携して働く一方で、アカガウクルアはバイアグラと同様のメカニズムでPDEを阻害し、cAMPの活性力を高めます。また、トンカットアリはcGMPを増やしてアカガウクルアと共にペニスの血管を拡張するために働きます。

 

さらに、男性ホルモンレベルを維持するための亜鉛、カフェインやテオフィリンを含むガラナ、ムイラプアマカンカニクジュヨウなどの強壮剤、EDに対する有効性が世界中で研究されている高麗人参などが、勃起メカニズムの要所で効率よく働くようバランスよく配合されています。

 

配合された有効成分同士がその機能を余すことなく発揮できるよう、お互いにサポートしあって連携しているところが、堂々の1位に輝いたベガリアのすごさの秘密といえるでしょう。

 

⇒ベガリア正規販売サイトはこちら!

 

まとめ

長くなりましたが、最後にベガリアの特徴をまとめます。

●海外での長年の研究の結果導き出された、希少成分の独自黄金比率配合により、海面体細胞が活性化
●内容量は他を圧倒する1箱120カプセル
●アルギニン、シトルリンによる血流促進
●さらにオルニチン追加による成長ホルモン期待
●男性ホルモン、男性機能を活発にするエビデンスのある有効成分を贅沢に配合
●エビデンスはあるものの、まだまだ研究段階の成分も多数含まれているので副産物としての効果も期待できる。
●健康食品や漢方でも有名な成分ばかりなので、安全性の面でも副作用は問題ない。
●成分表記を見てもJAS法に基づいた表記でしっかり配合されているのがわかる。
●配合成分の種類は30種類と100種に比べれば少ないものの、その分、強力な成分だけがピンポイントで入っている。

 

繰り返しになりますが、精力剤やペニス増大サプリの中には粗悪品が多いので、だまされないように本物を見抜く目を養う必要があります。

世の中にはこれらの商品が無数に存在しますが、当サイトの詳細分析の結果では、

ベガリア>ゼノシード>ヴィトックスα

という結果になりました。

もしあなたが、今抱えているペニスの悩みから解放され、より良い性生活を送りたいのであれば、ベガリアを一度試して見る価値は大いにあると思います。

(一部専門的過ぎる箇所があったにも関わらず)最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ベガリア2カプセル外観2

⇒ベガリア正規販売サイトはこちら!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!